JUNK GAME

バーチャルユーチューバーです言語教育の為に駄文を書いてます。

カテゴリ: ゲーム

渋谷TFC(東京ファイトクラブ)にて行われたeコンバット開幕式(対戦披露会)に過去に遊びつくしたゲームのデレクターの平紙さんが参戦するよとのツイートが気になりeコンバットなる競技が面白そうだったので突撃してみたのでレポートを残しておこうと思います。
image1

前置きとして古武術や格闘技の知識がない私がゲームとして純粋に印象に残った点やショービジネスとしての希望を羅列しているという点をご了承ください専門用語なども多分間違ってます。

この競技の発起人は宮本武蔵の二天一流東京支部の勝田晴美さんという方だと知り、私の地元熊本の同郷すぐ隣町出身とのことで驚きました、そういえば宮本武蔵が最後に洞穴に籠もって仏を作って余生を過ごしたのが熊本でしたよね(バカボンドの知識程度しかない)それがなんでこんな全身センサーのついたプロテクターを装着してスポーツチャンバラのようなアプローチを行っているのかも純粋に興味があります。

ベースは刀によるチャンバラですが打撃も有効というのが実にゲーム的な魅力を感じました今回の参加者は剣術未経験の格闘家やボディーガード、フットボール選手などの異種格闘技剣術対戦会とのことだったのですがその試合を観戦中に平紙さんが隣に来て説明をしてくれたのでその時の私の正直な感想「でも結局みんな先入観で剣道みたいな立ち回りになってますね」と試合5分前の平紙さんに釘を指すことで遠回しにプレッシャーを掛けてみました。

その結果がこれです。

さすが中国拳法の有段者で私の認めたゲームクリエーター剣術と格闘術のコンボを繰り出し私が想像していたなんでもありの戦闘競技の形になった瞬間だとこのとき確信しました。
image2

剣道三倍段という言葉(剣を持った者を武道の達人が戦った場合3倍の段位が必要)があるが。
あるよね?るろうに剣心で見た気がするからあるんですよそういう強さを示す言葉を覆すカードがもし見れるのであればそれはもう喧嘩商売や刃牙の世界ですよね、今回は刀というレギュレーションだったがナギナタなんかも想定しているそうです。(最強では?)もういっそエアガン(危ないならナーフ的な奴)で何でもありで3メートルの間合いで最強は何なのか?を決めていただきたい。

表面は磁気センサーであたり判定を感知、面と胸には衝撃センサーがあるそうです将来的には足技にも対応するとの事で今後戦術も増えていくことでしょう。

ゲーマーとしては体力値やダメージ値がどうなってるのかがすごく気になります。プロテクターにアンクルをセット出来るようにしてプロテクターの重量が増えれば増えるほど体力値が増えるとかあったら面白いと思います。(MAX1.5倍くらい?)重さで呼び名変えたりよくないですか?
アンクル無しは忍者級、重量級は武者級とかにして軽量級が走り回って逃げたら「流石忍者汚い」みたいな実況しましょうよ面白い競技には面白い専門コールが付き物ですしね。

装置の関係でどこでも出来る競技じゃないのは分かりますが竹藪を想定したポールが乱立してるフィールドで突きしか使えないとかあるとドラマが産まれますよね。水重りにポール立ててなんとかなりませんかね?

まだまだ手探りな部分があるけどこうしたらいいのにああしたら面白いこのカードが見たいって話何時間でも出来る自信があります。

でもなんだかんだ言って最後にやってた(二天一流なのかな)立ち合いはやっぱり凄かったので漫画的なチャレンジ枠で話題性を集め締めは歴史ある剣術の試合を見せることで様々な流派の入り口になればとても素敵な事だと思います、今後も引き続き注目していきたいですね。

今回のeコンバットとは直接は関係ないのですが会場の渋谷TFCも素晴らしい施設でした、入場料は1000円、2000円分のフードドリンクチャージの計3000円で何時間でも楽しめます。定期的に試合やイベントをやっていてそれがないときもスパーリングの様子を観覧可能です。ドリンクやフードは600円位から武闘派向けのレストランなのでボリューム重視で財布にも胃袋にも優しいです。終電逃したら行く店としては最高かもしれませんね。


IMG_3488

dorinnku
公式HPでなぜかフードやドリンクの値段が書いてないのでぼったくりか?と警戒してたけど安すぎました。
imagses

imagea

Wiiショッピングチャンネルが来年終了するらしい2019年1月31日に任天堂据置機もWiiからWiiuそしてswitchへと移り変わりそれでも2019年までよくサービス維持したなぁ…
そんな悠長な事を言っている場合ではありません。

もう時間がないのであるソフトの配信は来年の1月末までだがWiiポイントの追加の終了日時が2018年3月27日(火)4:59で終了するのである。

もう絶対に買えなくなるゲームが今なら確実に買えるのである。今後10年20年とゲームの歴史を語る上で消して忘れられてはいけないゲームを1つの本体に集結させて保存する必要性があるのである。

Wiiショッピングチャンネルが終わるといってもVC自体はWiiuや3DSにも存在する(Wiiにしかないタイトルもある)事もあり実機ROMやアーカイブなども考えて本当の意味で遊べなくなるWiiウェアとVCACを中心とした話をしようと思う。

まずはどの本体にインストールするか?
WiiショッピングチャンネルはWiiでしか使えないサービスですがWiiuにも互換機能の為のwiiモードが存在しているのでWiiuを持っているのであればそちらにインストールするのもおススメです。

WiiにDLするメリット
  1. 今なら本体が安く手に入る(ハードオフなら300円から)
  2. 起動が早い
  3. 本体が小さい
  4. GCも起動出来る
WiiにDLするデメリットを唯一あげるならアナログ出力しか対応していない点であるコンポジット、S端子、D端子の三択しかないのでこれから先モニターが手に入れにくくなる可能性がある事を覚悟しておいたほうがいいでしょう、まぁアナログ出力をHDMIに変換する機械なんかもあるのでそれ程致命的な問題にはならないと思います。

WiiuにDLするメリット
  1. HDMI出力に対応(但しSD画質)
  2. ゲームパッドをモニター代わりにできる(遅延1f以下)
  3. Wiiuタイトルがまだオンラインで遊べる
  4. Wiiuゲームパッドがセンサーバー代わりになる
WiiuならHDMI出力に対応しているのでクッキリハッキリとした画面で遊ぶことが出来きます、スマッシュブラザーズやマリオカート、スプラトゥーンなんかも今でも対戦相手には困らないので今でも遊んでる、これから買うと言う方にはWiiuにインストールするのをおススメしますWiiUゲームパッドをモニターの用に使うことも可能ですがWiiモードはゲームパッドのボタンには対応していないので注意が必要です(WiiuのVCはゲームパッドのみで操作可能)WiiuにDLするデメリットをあげるとしたら本体が大きい、Wiiは1000円前後で手に入るのですがWiiuは中古でも15000円程します、Wiiモードを起動する為にWiiuを立ち上げWiiモードアイコンを選択して再起動する手間が掛かる点があります。※Wiiu起動時にbボタンを押しっぱなしで直接Wiiモードが起動できます。

保存ストレージについて
WiiとWii Uどちらの場合もSDカードにインストールするのをおススメしますWiiウェアは容量制限のあるアプリ配信サービスだったので8GBもあれば十分ですおそらく数万円分DLしても4GBも行くことはないでしょう。いつか来る購入済みソフトの再配信終了とデータ破損に備えてSDカードをコピーしてクラウドストレージにアップするのも忘れずにやりましょう。

それではまずはWiiウェアの紹介から

ss_01
マッスル行進曲 823ポイント

プロテインを盗まれたマッチョがプロテイン泥棒を追いかけながら犯人がぶち抜いた人型に穴の開いた壁を同じポージングをしながら通過する体感ポージングアクションゲームこのゲーム元々は旗上げゲームのようなAC筐体ゲームだったのですが企画自体が蔵入りになり紆余曲折があってWiiウェアとして復活した作品です。元がACの体感ゲームという事でとても単純明快で直ぐに楽しくなれるゲームです。単なるネタゲーではないゲーム性の高い作品になっています。BGMがセンスが良くゲームミュージックとしても歴史的価値のあるタイトルです。
ss_02


001
きみとぼくと立体。1000Wiiポイント
故飯野賢治氏の最後のCS向けタイトル、Dの食卓2を発表後ゲーム業界を離れそれから数年iPhoneが日本に上陸それに合わせてゲームクリエーター西健一氏とともにiOSアプリを開発していた飯野賢治氏がGET BACKの言葉とともに当時爆発的に売れていたWiiに帰ってきた記念すべきタイトル立体上に「ニンゲ」と呼ばれるキャラクターを乗せていくバランスゲームである
007
エネミー0やDの食卓、風のリグレットなどストーリーをあらゆる手法で表現していた飯野賢治氏がiOSアプリ開発で培った経験を活かしたアートとゲームが融合した作品である。ゲームの歴史を語る上で避けられない飯野賢治の終着点とも言えるゲームなのです。

ss_01
珍道中!!ポールの大冒険 514ポイント
SEGAが間違いなく黒歴史にするであろうタイトル横スクロールのジャンプアクションゲームなのですが陣内智則の映像ネタのノリでトラップが発動、関西弁で実況が流れます。

言い逃れができないようにDLしときましょう。

ss_01

ミスタードリラーワールド 823ポイント

2000年ごろにACで大ヒットした名作アクションパズルゲーム様々なパッケージ版が販売されているこのシリーズですがこのタイトルと翌日配信されたDSi ware版が実質的なシリーズ最終作品になります。やり込み要素も充実しているのでおススメです。


Art Styleシリーズ 5作品各617ポイント

元はGBA末期に発売されたbit Generationsシリーズが名前を変えてArtStyleに改名しDSiとWiiウェア向けにリメイク+新作という形で発表されたシリーズですWii向けには5タイトルが配信、このシリーズの特徴としては究極にそぎ落とされたシンプルなビジュアルと連動したテクノサウンドと効果音そして洗練されたゲームデザインである、どのゲームもスコアアタック的な要素が強く黙々と遊び続けることができます。ひたすらにハイセンスでゲーム性だけで真っ向勝負してる名作揃いです。
開発はちびロボでおなじみの西健一氏率いるSKIP
公式サイトが分かりやすいので説明は省きます。公式サイト

個人的にはアート性と中毒性の高いORBITAL、レースゲームを究極まで記号化したLightstreamの2タイトルがお勧めですどちらもGBA版
bit Generationsからのリメイクタイトルです。

btn_penta_ov

btn_lightstream_ov

btn_orbital_ov
btn_cubeleo_ov
btn_dialhex_ov


コナミReBirthシリーズ3部作各1,028ポイント
開発はすべてM2、とりあえず3Dでリバイバルしましたって作品ではなく、職人集団M2による最高品質の2Dドット絵で丁寧に作られた新作をDLで配信するというシリーズ M2なので安心のクオリティどのタイトルも間違いなく新作であり本物の続編です。

ss_01

【GRADIUS ReBirth】時系列的にはグラディウス2の2年前の設定のお話

1a32af5a
【魂斗羅ReBirth】正真正銘の魂斗羅の新作です。

43c3c60162c53c5b7b91fcbd26ec76f1

【ドラキュラ伝説 ReBirth】初代悪魔城ドラキュラをリメイクした作品

640x480

200905130322411be

1034604953

面白さはどれも保証します、丁寧に書き込まれたドット絵のおかげで古臭さは感じません

アーカイブ化も期待できないのでこの3作はDLしといて間違いありません。


ss_01
ディシプリン*帝国の誕生 800ポイント

飯田和敏氏による怪作、舞台はディシプリンと呼ばれる模擬収容所その運用実験の被験者となった記憶を失った主人公がyouコンという奇妙な形の生きたリモコンを使い、奇妙な収容者の介護を行うアドベンチャーゲームです、心の壁を破壊して心を開いたとき語られるすべての彼らの人生を知ったときすべてが謎のディシプリン帝国の謎が解き明かされるのです。このゲームやってることは老人ホームのお年寄りの介護のような単純作業の繰り返しなのですが飯田和敏氏の圧倒的な世界観とテキストセンスでとてもメッセージ性の強い作品になっています。物語に直接は関係ないのですがこのゲームに出てくる情緒不安定な囚人は日本の歴史に残る凶悪犯罪者がモデルになっています。ただ物珍しさや話題性でそのようなキャラクターを出演させたのではなくこのゲームのテーマは犯罪者の孤独と葛藤をテーマにしているのだと私は思っています。よくゲーム感覚で犯罪を犯す若者が~のような論調でゲームがバッシングを受けますがそういった意見に真向にゲームで答えた作品はディシプリンしか私は知りません。きれいごと一切ないしのこの作品が幻の作品になってしまうのはとても残念です。開発者が断罪されるエンディングは必見です。



ss_01
Wi-Fi8人バトル ボンバーマン 1028ポイント

オンラインはサービス終了してますがWiiリモコン横持ちに特化したシンプルな8人対戦できるボンバーマンですオフライン対戦は当然できます、接待用にボンバーマンが欲しいなと思ったら間違いなくこれがお勧めですVCにもボンバーマンはありますがSFCのボンバーマンは4人対戦PCエンジンのボンバーマンは5人対戦までしかできません。シングルモードに興味がなく対戦だけ仲間内でやりたい場合は間違いなくこの作品を買うのをお勧めします。ハドソンはコナミの子会社になり開発チームも解散コナミチームによるボンバーマンRがswitchに出ていますが純正ボンバーマン開発チームの最後に手掛けたボンバーマンはこの作品になります。



ss_01
エイリアンクラッシュ・リターンズ 823ポイント

PCエンジンで発売されたエイリアンクラッシュの3Dリメイクタイトル限りなく映画Alienな造形だったのがなんかよくわからないクリーチャーになっているのが残念ですがピンボールゲームとしては手堅い作りになっています。

ss02
これが

ss_05
これに


VCPCエンジンにエイリアンクラッシュと続編のデビルクラッシュの2作品があるのでそちらも並べておきたいですね。



ss_01
あつい12ゲームフリフリパーティー! 515ポイント

リモコンを振るミニゲームが12本詰まったパーティーゲーム、サカツク、ニュールーマニアポロリ青春、大玉などの開発に携わった比屋根 幸治氏がゲーム開発事業とBARマネジメントを始めた頃の作品で酒を飲みながら頭使わずにみんなでブンブンWiiリモコン振れば楽しいってゲームです、Wiiリモコンだからできるゲームデザインなのでぜひ押さえておきたい作品です。



978a1440

SPACE INVADERS GET EVEN
~逆襲のスペースインベーダー~ 
514ポイント(500ポイント×3の追加コンテンツ在り)

スペースインベーダーのスピンオフ作品、Wiiリモコンをヌンチャクを使ったポインティング操作でインベーダー軍団を操作してチキュウ人と戦うシューティングゲーム様々なリメイクやシリーズ展開をしているインベーダーゲームですがこの作品がもっとも個性的なゲームに仕上がってます。ダライアスシリーズからゲスト参戦してる機体も必見です。追加DLをしないとステージ1しか遊べなく(1-3までなので3エリア)DLCを3つ買うことで全7ステージ(21エリア)になるので2000円は妥当な価格だと思います。

  • なぜこんな売り方をしているのかというとWiiウェアは40MB制限があり今作のような作りこんだ作品は配信ができなくなってしまうので分割販売というスタイルで販売を行うしかありませんでした。

ss_01

c20080617_09_geteven_02_cs1w1_640x480

1ステージしか遊べないって印象が悪く当時埋もれてしまっている作品ですがゲームとしては完全新規のWiiリモコンだから出来るゲームデザインでよく考えられた名作です。



ss_01

ARKANOID Plus! 823ポイント

この作品もアルカノイドの現段階でシリーズ最終作になります、ステージは全部61ステージ追加DLCを購入することで122ステージまで増えます。対戦モード(CPU/対人)もあるので接待用にあってもいいかもしれません。DSで発売されたアルカノイドDSやインベーダーエクストリームからの流れの作品なのでBGMも聞きごたえがあります。

ss_04




ss_01
BUBBLE BOBBLE Wii 823ポイント

こちらもバブルボブルシリーズの最新作です(厳密には半年後に移植されたXboxLiveArcade)AC版を再現した200ステージと新ボスと4人同時プレイが可能になったアレンジマップが200ステージ楽しめます。4人同時プレイのバブルボブは貴重な作品です、追加DLCで新規ボス収録の100ステージもあるのでそちらも忘れずに購入しましょう。主人公の名前は泡はきドラゴン

ss_04




ss_01

PUZZLE BOBBLE Wii 823ポイント

こちらはバブルボブルではなく泡はきドラゴンが主人公のパズルゲームのパズルボブルこちらもCS向けでは最新作になってます(こちらもXboxLiveArcadeにも移植されてます。※オンライン対戦あり)ステージは135ステージDLCを購入することで270ステージまで増えます。対戦パズルゲームとしても名作です。

ss_05


ss_01

RAINBOW ISLANDS  - TOWERING ADVENTURE! - 823ポイント

あまり認知されていないがバブルボブル、パズルボブルのストーリー上の続編にあたるのがこのレインボーアイランドです、上記2タイトルほどの知名度がないのは主人公のバビーとボビーが地味だからでしょうか?この作品もシリーズ最新作になります(こちらもXboxLiveArcadeにも移植されてます。)ストーリー、チャレンジ、タイムアタックの3モードがあります2人協力プレイも可能です。この作品のみ追加DLCはありません。

ss_03
実は主人公のバビーとボビーはバブルボブルの泡はきドラゴンが人間に戻った姿ってのはあまり知られてないですよね、この作品だけ毛色が違うのですが3部作なのでまとめて並べたいですね。


ec9536b5-s

エキサイトバイク ワールドレース 1028ポイント

FC版エキサイトバイクの雰囲気を残したまま3Dリメイクした作品オンライン機能は終了しているので対戦やエディットモードの交換などの要素はもう使えませんが、16ステージで行われる「エキサイトレースモード」FC版でもあった「コースエディターモード」(32ステージまで保存可能)だけでも十分に元が取れる内容になっています。オンライン対戦で手に入るポイントで手に入るユニークマシーンが今では手に入れる手段がない点が残念です。エキサイトバイクの3Dリメイクならニンテンドー64のエキサイトバイク64のほうがやれることも多く4人対戦にも対応しているので対戦したいのであればそちらを購入するのをお勧めします。



ss_01
オーバーターン 800ポイント

バーチャロンライク(挙動はだいぶ違います)なロボットバトルゲームWiiリモコン+ヌンチャクさらにはバランスWiiボードにも対応し重心移動でロボットを操作できる意欲作です。分割画面で対戦も出来ますがストーリーモードをやりこんでパーツを集めないといけないのが若干の手間に感じるかもしれません。ソフト配信時開発スタッフがやりこみ要素フル装備のロボットを操作しオンラインで購入者相手に無双していた事で大人げないと話題になったゲームです。

ss_02
ss_04

ロボットデザインはPS初期に発売されたZEX-Dぽいデザインです


ss01

カタチのゲームまるぼうしかく 823ポイント

まる、ぼう、しかくというシンプル操作の3つのゲームが収録されていて単独で遊ぶことできるのですがこのゲームの本当の面白さは3人同時プレイでそれぞれが好きなゲームで遊ぶことが可能で違うゲームをやっているプレイヤーに妨害を行ったり協力をしたり出来る点にあります。良くできたピタゴラ装置のような連鎖反応がゲームを熱くさせます3人で遊ぶゲームなので1人でしか遊ぶ予定がないかな…と思ってる人も安心してください。このゲーム常に3人プレイの画面表示なのですが過去のプレイデータを記録していて過去の自分のプレイが遊んでいない画面に表示そのゲームの影響が今プレイしているあなたのゲームに反映されます。遊べば遊ぶほど連鎖反応は過激になっていきその連鎖がとても心地が良いものになっていきます、かなり実験色の強いゲームなのですがそれもそのはずですこのゲームの開発者はPSの名作実験ゲームパキネットの原案者が関わっているのです見た目のゆるさから完全に埋もれていますが間違いなく傑作ゲームなので購入を強く勧めます。

ルールが説明しにくいので詳しくは公式サイトを見てください。公式サイト



私がお勧めするWiiウェアは以上だが私自信が遊んでいないので掲載していないFFCCや盆栽バーバなど他にも名作はあるので時間の許す限り吟味して後悔しないように買えるだけ買いましょう。ネタ枠なら鹿をハンティングするだけの鹿狩りやフードファイトをモチーフにしたメジャーリーグ・イーティングなんかも抑えておくのもいいかもしれない。

mle12
ジャイアント白田や菅原初代、ホットドックコンテストの連続覇者の小林尊のファンなら押さえておきたい



バーチャルコンソールアーケード

欲を言うなら全部買えと言いたい所だけど、この記事では絶版になるベラボーマンなどではなくバーチャルコンソールアーケード移植の際にWiiリモコン操作やヌンチャク操作の付加価値をつけてる作品にのみ的を縛って紹介しようと思う。この4点の共通点は元は体感型の専用筐体で何度かアーカイブ化はされてはいるもののどれもコントローラー操作ばかりでWiiリモコンのような体感操作が可能なのはこのVCアーケード版だけだという点です。ユーザー以上に開発スタッフの情熱が凄い移植タイトルなので妥協のない操作方法の最適化が施されています。必ず全て買うことをお勧めします。


スペースハリアー(アーケード版)823ポイント

package
通常のコントローラー操作の他に

Wiiリモコンを地面に置いてヌンチャクだけを握りしめての操縦桿モードに対応AC操作を完全再現

03

スーパーハングオン 823ポイント

package
コントローラー、横持ち操作に加え

ヌンチャク操作、ハンドル操作に対応(Wiiハンドル対応)

専用筐体のような操作が可能に。

01


スターブレード 823ポイント

pic_title
Wiiリモコンのポインター操作で敵を狙ってガンシューティングのように遊べます。

05

20090831_570735

スターウォーズの宇宙戦闘をコンセプトにしたこのゲーム

20年前位まではボーリング場などによくあった専用筐体でした

プロジェクターで投影してリモコン操作をすれば迫力満点


ソルバウル 823ポイント

pic_title
こちらもリモコンのポインタ操作に対応

05

C2rWGLHUUAEkVpu
一人称視点のゼビウスというコンセプトなので通常のゼビウスと遊び比べると色々と発見があります。




以上がWiiだからこそ可能だったという点に絞ったお勧めのタイトルです。


ここから先は私の個人的なお勧めのタイトルやDLの基準をどうするかについてダラダラと私なりに書いていきます。あくまでとりあえず何かを落としたいけど何を落とせばいいかわからない人向けの目安程度のものだと思ってください。


4人以上で対戦できるおすすめタイトル
4人あるいは5人で下準備なくサクッと対戦できるタイトルを紹介します。

NINTENDO64

  • ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ※WiiVC限定タイトル
  • スターフォックス64
  • F-ZERO X
  • マリオカート64
  • マリオゴルフ64
  • マリオテニス64
  • マリオパーティー2
FC
  • 熱血高校ドッジボール部(格闘ドッチボール)
  • いけいけ!熱血ホッケー部 すべってころんで大乱闘(殴れるホッケー)
メガドライブ
  • タントアール(SEGAのミニゲーム集)
  • イチダントアール(↑の続編)
  • コラムスIII 対決!コラムスワールド?(対戦コラムス)
  • ぺぺんがペンゴ(ペンギンが氷を蹴りあう)

images
タントアールとイチダントアール対戦ミニゲーム集の先駆け


SFC

  • スーパーファミコンウォーズ(じっくり遊べるシミュレーション)
  • くにおくんのドッジボールだよ全員集合(バトルドッジボール)

PCエンジン

  • ダンジョンエクスプローラー(見下ろしアクションアドベンチャー)
  • ダンジョンエクスプローラー2(↑の続編CDROMになってボイスがついた)
  • ボンバーマン94(カンガルーのルーイが使える)
  • モトローダー(見下ろし型なんでもありの武装カーレース)
  • パワースポーツ(ハドソン版ハイパーオリンピック)
  • パワーリーグ4(野球)
  • パニックボンバー(ボンバーマンの落ちものパズル)
  • ファイヤープロレスリング3(パチモノレスラーが沢山)

npjj30013_2

ダンジョンエクスプローラー2は5人で同時に遊べるアクションロールプレイング5時間ほどでクリアできキャラを変えることで役割が一変するので何度でも楽しめる名作。だまされたと思って複数人で是非遊んでほしい。

o0300023011911545631
モトローダーは見下ろし型のレースゲーム1レースごとに賞金を使い武装やカスタマイズを行いグランプリを競えるミサイルにオイル撒き様々な妨害が徹底的に友情を引き裂いていく。PCエンジン持ちでこのゲームを持っていない人はにわか扱いされる位PCエンジンユーザーを熱くさせた名作なのである。



アーケード

  • ナックルヘッズ(4人対戦ができる格闘ゲーム)
  • ニューマンアスレチックス(超人版ハイパーオリンピック※バカゲー)

img_0
ニューマンアスレチックスは完全にネタに振り切ったハイパーオリンピック。




おまけ


みんなのポケモン牧場 1028ポイント

main

ダイヤモンド、パール、プラチナに対応した1500匹まで預けることが可能なポケモンボックス兼ポケモンふれあいアプリ。250匹預けるとフィオネ1000匹預けるとミュウと交換することが可能になりセーブデータを消すことで何度でもミュウを量産できる唯一の方法です。



image
ドラゴンファングZ勇者ロゼと宿木の迷宮 2,400円(税別)

ローグライク(ここでは不思議のダンジョン)が好き、なんとなく遊びたい
SFCのトルネコや風来のシレンは面白いゲームだったなぁと思っているけど
シリーズが進むにつれてシステムが複雑化、マニア向けになってて億劫になってた人
いろんな不思議のダンジョンクローンタイトルが出ているけど同人色が強いのはちょっと…
数値がインフレ化してビームとかでるのはちょっと違うよね

そんな人向けにお勧めしたいゲームです。


image
  • どっかで見たことあるUI
  • やるべきことが直ぐ分かる
  • 実家のような安心感
  • あのゲームで出来ることはほぼ出来る(一部簡素化されてたりします)

それでいてキャラクターデザイン、クリーチャー、BGMは
とても丁寧に作られていて完成度が高いです。
(森羅万象チョコみたいな絵柄が好きならなお良し)

このゲームはシリーズ3作目で
最初はソーシャルゲーム、次がnew3DSの基本無料タイトル
そしてこのドラゴンファングZが3作目にして初の買い切りタイトルとして発売されました。

基本無料ゲームからの買い切りゲームと聞くとスタミナが無限になったけのスマホゲーを想像してしまう人も多いでしょうけど、このゲームはちゃんとF2Pの旧作とは別の完成されたゲームバランスの完全新作なのでご安心ください。

基本のアイテム
基本のゲームシステムはまんま初代風来のシレンです武器、盾、弓、魔法の書、魔法の杖、薬、箱(シレンで言うツボ)この7種類のアイテムを拾い、鑑定し取捨選択を繰り返しダンジョンを潜っていきます。箱の中には倉庫にアイテムを転送する物もありそれによってアイテム持ち込みも可能になります。

竜の時
FullSizeRender
空腹システムは在りませんが竜の時という1ターンごとに消費するエネルギーが存在します不思議のダンジョンでは食べ物を食べることで空腹を回復できましたがこのゲームでは1階層降りるたびに一定数回復or竜の時を回復する魔法の書を使用するしかありません。竜の時が0になると1ターンごとに体力が削られます、時には階層を駆け上がることも重要になってきます。

ファングシステム
image
このゲーム一番の個性であり攻略の要なのがこのモンスターの牙システムです特定のモンスターを倒すと一定の確率でそのモンスターの牙をドロップします。牙にはユニークスキルが設定してあり攻撃型、常時発動型、体力が0になると発動など様々なものがあります。牙は同時に3つまで同時に装備することができ、消耗品として使う牙を捧げるというコマンドを使うことでステータスを上昇させたり特殊な効果を発動することも出来ます。
攻撃、ステータスアップ、状態異常回復、蘇生、弓の保有数アップなど効果は様々なのでその日の気分や自分のスタイルに合った必勝パターンを考えるのが楽しいです。

ブレイブシステム
image
周囲8マスに障害物や壁がない状態のみに竜人結界と呼ばれる魔法陣が出現ステータスが上昇また竜人結界発動中に連続で敵を倒すとブレイブゲージが溜まり装備した武器の秘められた力が発動これによりこの手のローグライクで定番の1本道に逃げて1匹ずつ撃退するというお約束を無くしあえて敵の真ん中に飛び込み撃破するという一歩踏み出す勇気をうまくシステム化しています。これが理解できると見えなかった活路が見えてきて楽しさが更に加速していきます。



オススメポイント
なぜかすぐに理解できるゲームシステム例のゲームみたいにやればこうなるんじゃね?がほぼその通りに成功する

世界観とキャラクターデザインが徹底して作りこんである。
何度も武器や盾を倉庫に転送し育てまくればいつかクリアできる(はず)
廃人向けのエンドコンテンツも在ります。
開発スタッフがユーザーの声を聴いてくれてアップデートに反映してくれる。

本家シレンやそのクローンタイトルが
マニア向けに複雑化したのとは対照的にシステムを一旦リセットし、その上で新しいゲーム性を見事に創り上げる事に成功している。

マイナスポイント
  • 一部バランス崩壊してる牙がありそれありきに感じる時がある(自主規制で回避)
  • モンスターハウスの出現数が多い(ブレイブシステムを活用させるため?)
  • 状態異常が強過ぎる
  • このゲームを楽しんでるとめんどくさいタイプのシレン原理主義者が何処からともなく現れては噛み付いてくる


image
全体的にテンポのいいまとまりのいいゲームに仕上がっています。
元がソシャゲという事もありキャラデザのクオリティも高く好感が持てます。
ただのシレンクローンに留まることなく痒いところに手が届くそんなゲームです。

8ad404aee0b29f0bef5de9b1c355da76eae598bf960ace51de667770c7be0f67

5月2日にひっそり日本のeショップで販売された
タンブルシード皆さんもう遊んでますか?
とりあえず紹介動画を見てみてください。
 

なんだかおしゃれな映像でセンスのいいBGMが聞こえてきます。
いかにもsteamで売られてそうなサブカル臭のするインディタイトルだと思うことでしょう。

ルールは簡単あなたは種を1本の棒の上で転がし
その棒の左右を器用に上下させ
障害物を避けて1000フィートの頂上を目指すだけ。

とっても簡単ですね?

あなたが注意することは
大地に空いた穴を避け、道をふさぐ芋虫を避け、どこまでも追いかけてくる蛇から逃げるだけです。

たまに弾幕が飛んできたり、地雷が埋まってたり、足場が崩壊したりもするけど
気合とちょっとの経験で回避することがきっと可能になるでしょう。


操作に必要なものは
LスティックとRスティックそれと
貴方の冒険をサポートしてくれる様々なシードを切り替えるためのAボタン
たった3つだけです。

とっても簡単ですね

このゲームはアクションローグライクってカテゴリーになってますが
これの何処がローグライクなんだって皆さん最初は口にします。

ではなぜこのゲームがローグライクなのかを説明しましょう。


主人公の種は様々な種類がありその種には特殊な力が備わっています。
種の能力を使うためにはこの世界の通貨、クリスタルが必要です。
貴方はクリスタルを集めなければいけません。

道中には種の力を1度だけ発動できるエリアが無数にあります。
具体的にそのエリアの名前が決められていないのでわかりやすくここでは【畑】と言わせてもらいます。


貴方は道中注意しなければならないこと

1.穴に落ちない事

穴に落ちてしまうとそのエリアの最下層まで落ちてしまいます。
穴に落ちると棒の右に表記してあるハートが1つ無くなります。
ハートが0になったらゲームオーバーです。

2.攻撃に当たらない事
貴方の前には無数の敵が存在します、特定の軌道で道を塞ぐもの、弾を飛ばして威嚇するもの
近づくと自爆するもの、様々な攻撃で貴方を苦しめます。
何度も死んで動きや習性を覚えましょう。このゲームでは経験こそが力になるのです。


3.種の能力を使い障害を排除する事
種
貴方は種の力を借りて様々な困難に打ち勝たなければなりません。
まずは最初から持っている4つの種の能力を熟知することから始めましょう。

フラッグの種
畑に旗を立てることが出来ます穴に落ちたら振り出しまで落下してしまいますが旗があればそこから貴方は冒険を再開できます。ロッククライミングの命綱を打ち付けるアンカーの様なものだとイメージしましょう。
能力発動に必要なクリスタルは1つ

トゲの種

初期装備の種の中で唯一敵に攻撃が可能な種です、クリスタルを畑で1つ消費することで回転する棘を種の周りに発生させることが可能です、棘は最大10個まで発動可能ですが種本体にダメージを受けたり穴に落ちるとすべての棘は落ちてしまいます。
敵を倒すとクリスタルを落とすので積極的に倒していくとクリスタルはおのずと増えていきます。


クリスタルの種
手持ちのクリスタルが無いときに3つの畑で発動することで2つのクリスタルを発生させます。
3つの畑で2つなので基本的には攻撃手段を優先したほうがクリスタルは稼げますがどうしようもないときの延命処置のようなものだと思ってください。
クリスタルを生み出すための種なので発動に必要なクリスタルは0です。

ハートの種
畑で発動させることでハートの器を4分の1だけ回復し体力が満タン状態で発動させると器の最大量が増えていきます。体力は増えれば増えるだけ貴方の旅は有利になるので隙さえあればクリスタルの残量と相談しつつ最優先事項として積極的に利用しましょう。消費クリスタルは1ですが器は4分の1ですので実質ハート1つに4つのクリスタルが必要になります。


山頂を目指す

敵が邪魔をする

敵を倒すためにクリスタルを拾うor生み出す

能力を発動させる

敵からクリスタルを手に入れる

フラッグを建てるor体力増やすorクリスタルを増やす

このように、山頂を目指しつつ穴を避け敵を倒し旗を建てクリスタルを増やすこの一連の判断を
貴方は種のバランスをとりながら考え続けなければなりません。

うわぁ…なんだか難しそうだなぁと貴方は思うでしょうけど
大丈夫です、人間は慣れる生き物です。


ちなみに種の種類は30種類以上あります
大丈夫です簡単です



簡単だ簡単だって言ってもどうせ嘘なんでしょ?
いつもそうやって引き込もうとそういう言葉を使うんだよ…って思ってる貴方

嘘をついて後でクレーム来ても困るので正直に言いますが
正直種の能力や状況判断はすぐに慣れます。
これは本当です、遊んでるうちに貴方だけの必勝パターンが見えてきます。

問題は種を転がす操作性です、コロコロと小さな種がかわいく転がるんだろうなと思うでしょうが
とんでもありません、その思い込みが貴方を殺しにかかってきます。
貴方が転がすのは小さな木の実なんかではありません

重い鉄の玉…あるいは石の玉のような挙動が貴方のメンタルを蝕んでいきます
なかなか転がらずに動き出すと決して止まることはありません
右に加速した種を止めるために左に傾けても止まらず
傾けすぎると一気に落下して今度は左に転がり落ちていきます。
穴を避け敵を攻撃しクリスタルを回収するすべてをこの操作で行わくてはならないのです。

その操作のイライラは誰しもが味わい超えていかなくてはならないのです。

でも大丈夫です3日、3日間私を信じで遊び続けてください
人間の脳は偉大です必ず貴方は適応者になるでしょう

子供が自転車に乗れるようになるように貴方も思いのままに走り回れるようになれるでしょう。

ステージ3



この操作の違和感の原因は2つあります

1つ目はビジュアルと挙動の不一致
2つ目スティック操作で行う傾け操作への苛立ち(なぜ傾きセンサーを使わせないんだ等)

この思い込みを頭から薄める、あるいは納得させるための
ウンチクを1つ聞いてほしいです。
それはこのゲームがとある日本のメーカーが34年ほど前に作った
エレメカ(ピンボールマシーンなど)へのリスペクトを元に作られたゲームだということです。



Ice Cold Beerというタイトーが1983年に製造した
ビールの泡をモチーフにしエレメカこれこそが
TumbleSeedが模倣したものであり
ジャイロセンサーという技術を使わずアナログスティック2本で操作し
鉄の球のような重さのある動きを種がするかの答えなのです。

驚くべきことに2017年最新機種である任天堂switchに出たこのゲームの
操作性やゲーム性は34年前の日本のメーカーが
アメリカのBARに置いて酔っ払い向けに作られたゲームそのままなのです。

つまり種が重いのも操作がアナログスティックなのもすべて意味があり
実在に存在する動きで開発者の調整ミスではないということです。

もちろん、「それがなんだ操作が難しいことへの言い訳にはならないだろ」という意見もあるでしょう
その通りです、でもこれを理解してるかしてないかで適応しやすくなります。本当です

「今動かしてるのは鉄の玉」「30年以上歴史のあるゲーム」と自分に言い聞かせましょう。

公式サイトも開発者も表立っては言ってませんが
switch版のユーザーだけにはちゃんとヒントを与えているのです。


それがHD振動です

このゲームはHD振動に対応しています、貴方が種を転がすとき
貴方が感じることが出来る振動それは重くざらついた振動です
鉄の玉が転がる振動に感じるかもしれません、石臼を回した時のような振動に感じる人も居るでしょう
そしてもう一つ感じてほしい振動があります、それはあなたの操作する種が穴に落ちてしまった時の振動です
コツンと何かに当たったかと思ったらガコンガコンと転がり落ちていくのを感じることができるでしょう。
私にはその衝撃がピンボールで球をロストしてコンテニューするときの筐体の裏を今転がってるなと感じれたあの鉄の玉の鼓動そのままに感じるのです。

ぜひ開発スタッフのエレメカへの愛を感じてほしいです。


最後に一番大事なことをいうのを忘れていました。
このゲームの最大の魅力はオンラインランキング機能にあります。

この記事を書いている
現在8000人弱のプレイヤーがこのゲームに参加して
表面的なクリアである1000フィートに達成したプレイヤーはまだ10人しかいません。

なぜ表面的なクリアという表現を使ったのかというと
実はこのゲーム裏面があるのではないかと海外プレイヤーが謎解きを始めています
私もその片鱗を見つけることに昨日成功しましたがそれでもまだ未知数です。
そもそも私はまだ386メートルまでしか行けていません。
日本人はまだ誰もクリアしていません(最高920フィート)、ローカライズされてないので
日本人プレイヤーが少なく知識が共有できないからです、助けてください。

あとランキングには2種類あってアドベンチャーモードとデイリーの2種類あります。

アドベンチャーモードはステージや種の出現がランダム生成のモード
デイリーは1日1回しか挑戦できないが世界中おなじ条件のチャレンジモードです
このデイリーが1発勝負の面白さと毎日起動したくなるちょうどいいバランスでおすすめです。
フレンドランキングもあるから友達と競うとさらに面白いです。

必ず10人に買わせましょう

全クリなんてまず無理ですから自分の限界を競い合うゲームだと割り切ってください。
もしも貴方が1000フィートを超える英雄になれたなら公式ツイッターがあるので
スクリーンショットをコメントと一緒に送り付けてやりましょう「Fuck you!
」と。

image

ここ20年で最高難易度のデスゲームです
みんなを道連れにして日本人の維持を見せてやりましょう。


なんでどのゲームサイトもこの最高のゲームをレビューしないんだ?
そういう怒りだけでこの記事を書きました。

↑このページのトップヘ